Health Network News

DC開発フォーラム・保健ネットワークのBlogサイトです
<< 技術協力専門家養成研修「感染症(ワクチン予防可能疾患)対策コース」募集 | TOP | JICA国際協力人材センターの人材情報サイト「PARTNER」ご紹介 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
アンゴラに対する無償資金協力「マラリア対策計画」について
日本政府は、アンゴラ共和国政府に対し、総額5億1,300万(うち「マラリア対策計画」に2億6,300万円)を限度とする無償資金協力を行うこととし、このための書簡の交換が、4月15日(金)行われた。

本計画により蚊帳、マラリア治療薬、検査機材等の調達が行われる。

詳細はこちらから。
| 日本のODA | 19:29 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 19:29 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
素敵なブログが...これについて多くの情報があります...マラリア感染の最も一般的な種類の熱帯熱マラリア原虫は、この歪みの幸いなことにしない再発相を持っているということです。

三日熱マラリア原虫、卵、または四日熱マラリアなどの他の株は、肝臓に感染する可能性が何ヶ月も休眠状態に固執するか、または何年も感染への暴露後。

再発が、それはクロロキンを伴う急性症状を抑えることで治療することができる開発して克服する薬と肝臓感染である必要がプリマと呼ばれる。
| ノバミン&#160; | 2011/03/09 4:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dev-health.jugem.jp/trackback/99
トラックバック