Health Network News

DC開発フォーラム・保健ネットワークのBlogサイトです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
エイズに関する国連特別総会(5月31日−6月2日)
Photo Credit: UNAIDS/J. Rae

エイズ宣言へのコミットメントをレビューする国連特別総会がNYで開催されました。 詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

| UN機関関係の情報 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
UNAIDS年次報告書
Photo Credit: UNAIDS

UNAIDSから世界のエイズ問題の現状をまとめた年次報告書が発表されました。それによると、2005年には世界中で280万人の方がエイズで亡くなり、エイズ感染者の数は3800万人にも上るそうです。

報告書はこちらのサイトからご覧になれます。
| UN機関関係の情報 | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
UNICEF世界児童白書2006:Excluded and Invisible


ユニセフから2006年世界児童白書が発行されました。今年のテーマは、Excluded and Invisibleです。

レポートはこちらからご覧になれます。

| UN機関関係の情報 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
UNAIDS/WHO: HIV/AIDS Epidemic Update 2005

12月1日の世界エイズデーに先立って、UNAIDS/WHOからHIV/AIDS Epidemic Update 2005が公開されました。中央アジア・東欧及び東アジア地域でのHIV/AIDS感染者急増が懸念事項として挙げられています。

レポートはこちらからご覧頂けます。

| UN機関関係の情報 | 00:53 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
世界人口白書 2005 - 平等の約束−ジェンダーの公正、リプロダクティブ・ヘルス
今年の世界人口白書が10月12日に発表されました。報告書は貧困、ジェンダーの公正、人権、リプロダクティブ・ヘルス、女性への暴力といった問題の相互関係を取り上げています。

報告書はこちらからご覧になれます。
| UN機関関係の情報 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
MDGsミレニアムプロジェクト報告書発表
UNアナン事務総長の特別顧問である、ジェフリー・サックス米コロンビア大学教授が率いるUNミレニアムプロジェクトの最終報告書が発表されました。レポートでは、年間の総ODAが倍増される、すなわち1350億ドル、または2006年の援助国GNPの0.44%が費やされる、そして2015年までに援助国のGNPの0.54%までODAが増額されると、MDGsは達成可能との見解でした。

レポートはこちらからご覧になれます。
なお、MDGsをもっと良く知りたいという方は、こちらをまずどうぞ。
| UN機関関係の情報 | 04:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
「カイロ合意の10年:人口とリプロダクティブ・ヘルス―貧困に終止符を打つための地球的取り組み」
国連人口基金から『世界人口白書2004』が9月15日に発表されました。「カイロ合意の10年:人口とリプロダクティブ・ヘルス―貧困に終止符を打つための地球的取り組み」と題した報告書は、国際人口・開発会議開催以降、過去10年間の国際社会の人口とリプロダクティブ・ヘルスの問題への取り組みを振り返ります。


日本語版(PDF)はこちらからご覧になれます。

英語版は国連人口基金本部のウェブサイトからご覧になれます。
| UN機関関係の情報 | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
ミレニアム開発目標−国連事務総長の報告書
2000年の国連ミレニアム宣言以来、国連事務総長はミレニアム目標に向けた国際社会の取り組み状況について毎年報告書を提出しています。今週提出された本年度の報告書によると、保健分野に限らず、ほとんどの目標で著しく出遅れているのがアフリカ諸国のようです。

国連事務総長の報告書(PDFファイル)はこちらからご覧になれます。
| UN機関関係の情報 | 01:12 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP